とれいん工房の鉄道省私文書館

鉄道関係の情報を中心としたブログ。主に未成線や廃線、鉄道史、宮脇俊三、関西の鉄道、ローカル線など鉄道趣味の外縁部を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【マダガスカル鉄道】フランス・ミシュラン製のゴムタイヤ気動車

 2006年10月に訪れたマダガスカルの鉄道について何回かに分けて報告してみましょう。

 まずは、マダガスカル中部の都市、フィアナランツアの車庫で見つけたレールバスです。
 この気動車は、むかし宗主国だったフランス製。それ自体は珍しくないんですが、製造会社はタイヤやレストラン格付けで有名なミシュランなんです。車番は410。

20061122234548.jpg


 形状は鉄道車両というよりバスに似ています。「となりのトトロ」のネコバスとかボンネットバスとかそういうのを思い出させてくれます。運転台は片方のみ。後部は真ん丸のカワイイお尻になっています。

20061122234642.jpg


 この車両の最大の見所は、前側車輪。レールの上を走るんで鉄車輪ではあるのですが、線路上での振動を防ぐためにゴムタイヤを履いているのです。なんでも、夜行列車での揺れを嫌ったミシュラン社の創始者のアイデアだとか。でも、他社では普及しなかったので、あまり実用性はなかったのでしょうね。
 後輪は気動車としては珍しい3軸台車です。

20061122234721.jpg


20061122234709.jpg


 運転台を覗くとこんな感じでした。ほとんどバスですね。あと、客室は写真でうまく撮れなかったのでここでは紹介できませんが、籐製のイスが30基ほど並べられていました。

20061122235740.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/11/23(木) 00:01:47|
  2. 海外の鉄道

プロフィール

もりくち

Author:もりくち
関西在住の鉄道マニア兼バックパッカー。「とれいん工房」として同人誌を多数発行。2001年に「鉄道未成線を歩く 私鉄編」、2002年に「鉄道未成線を歩く 国鉄編」をJTB出版事業局(現、JTBパブリッシング)から刊行しています。日々の話は、下のリンク先にある「とれいん工房の汽車旅12ヵ月」へ。連絡先はmalmori●nifty.com。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター


無料カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。