とれいん工房の鉄道省私文書館

鉄道関係の情報を中心としたブログ。主に未成線や廃線、鉄道史、宮脇俊三、関西の鉄道、ローカル線など鉄道趣味の外縁部を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紀伊半島の貨物索道の話 その1

 奈良県吉野地区の森林開発の歴史、そして鉄道計画の足跡を辿ってみると、その設立と挫折の過程で架空索道、つまりロープウェイが重要な役割を果たしてきたことが分かります。添付写真は国鉄の未成線となった阪本線(五新線)ですが、この沿線にもまた貨物索道線が張り巡らされていました。

20060906003600.jpg


大正期から昭和初期にかけての一時期、吉野木材の搬出のためにあちこちで貨物索道が敷設されます。木材はもちろん、米や雑貨などを山上に運ぶ役割を果たし、違法ではあるがたまには地元の人々も便乗していたようです。ただ、昭和初期に十津川街道や北山街道、高野街道が順次舗装化されトラックが乗り入れてくると、森林鉄道計画は次々と中止されます。貨物索道もそのほとんどが撤去されていきます。戦後まで残った路線はごくわずかです。
ここから数回にわたって、紀伊半島林業地帯に張り巡らされた貨物索道について紹介してみましょう。

まずは、貨物索道のリストから。
[紀伊半島の貨物索道の話 その1]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/09/06(水) 00:42:48|
  2. 未成線・廃線の話

プロフィール

もりくち

Author:もりくち
関西在住の鉄道マニア兼バックパッカー。「とれいん工房」として同人誌を多数発行。2001年に「鉄道未成線を歩く 私鉄編」、2002年に「鉄道未成線を歩く 国鉄編」をJTB出版事業局(現、JTBパブリッシング)から刊行しています。日々の話は、下のリンク先にある「とれいん工房の汽車旅12ヵ月」へ。連絡先はmalmori●nifty.com。

カレンダー

08 | 2006/09 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター


無料カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。