とれいん工房の鉄道省私文書館

鉄道関係の情報を中心としたブログ。主に未成線や廃線、鉄道史、宮脇俊三、関西の鉄道、ローカル線など鉄道趣味の外縁部を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宮脇俊三書評40作 (6)「シベリア鉄道9400キロ」

 戦前の時刻表を捲ると、ため息の連続である。格調高い急行や特急群。拓殖鉄道や簡易軌道、軽便鉄道などの超ローカル鉄道。あの世代に対する同時代感覚がない私たちにとっても、憧れと羨ましさはひとしおである。
 そんな中でも、マニア心をかき立ててくれるのは、「歐亞連絡」の項である。東京駅を特急「富士」で出発し、下関、釜山、京城、平壌、新京、満州里、知多を経て莫斯科まで11日間かかったという。日本と中国大陸、そしてヨーロッパが一続きに繋がっているんだ……たぶん宮脇少年は、時刻表の上で現実の世界と異世界とが連続しているということに快感を覚えると共に、非日常的世界へと想像力を働かせていたのだろう。

シベリア鉄道9400キロ シベリア鉄道9400キロ
宮脇 俊三 (1983/05)
角川書店
この商品の詳細を見る
[宮脇俊三書評40作 (6)「シベリア鉄道9400キロ」]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/09/11(月) 21:47:39|
  2. 宮脇俊三の話

プロフィール

もりくち

Author:もりくち
関西在住の鉄道マニア兼バックパッカー。「とれいん工房」として同人誌を多数発行。2001年に「鉄道未成線を歩く 私鉄編」、2002年に「鉄道未成線を歩く 国鉄編」をJTB出版事業局(現、JTBパブリッシング)から刊行しています。日々の話は、下のリンク先にある「とれいん工房の汽車旅12ヵ月」へ。連絡先はmalmori●nifty.com。

カレンダー

08 | 2006/09 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター


無料カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。