とれいん工房の鉄道省私文書館

鉄道関係の情報を中心としたブログ。主に未成線や廃線、鉄道史、宮脇俊三、関西の鉄道、ローカル線など鉄道趣味の外縁部を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宮脇俊三書評40作 (8)「線路のない時刻表」

線路のない時刻表 線路のない時刻表
宮脇 俊三 (1986/04)
新潮社

この商品の詳細を見る


全線開通版・線路のない時刻表 全線開通版・線路のない時刻表
宮脇 俊三 (1998/02)
講談社

この商品の詳細を見る


 建設中の鉄道線を見るのは楽しい。未完の白いコンクリート橋、掘削途中のトンネル、足場が組まれただけの駅舎予定地……完成後の姿を想像するだけで心が躍る。
 我々の愛すべき鉄道ってのは、経済性やなんやらでリアリズムの世界に生きているので、なかなか自分の思いは通じにくい。しかし、建設中の鉄道の場合、現実として形になっていない分、いろいろと妄想を働かすことのできる余地が残っている。現実の矛盾を忘れ、自分が夢見る風景だけをそこに再現することができる。後に鉄道ネタを連発する川島令三氏なんてヒトは、そのエクスタシーだけで文章を売っているのだからある意味では凄いヤツである。けど、そんな横恋慕は悪夢にもなりかねない。彼なんてまさにそのジレンマに陥っている。
[宮脇俊三書評40作 (8)「線路のない時刻表」]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/09/13(水) 21:18:40|
  2. 宮脇俊三の話

プロフィール

Author:もりくち
関西在住の鉄道マニア兼バックパッカー。「とれいん工房」として同人誌を多数発行。2001年に「鉄道未成線を歩く 私鉄編」、2002年に「鉄道未成線を歩く 国鉄編」をJTB出版事業局(現、JTBパブリッシング)から刊行しています。日々の話は、下のリンク先にある「とれいん工房の汽車旅12ヵ月」へ。連絡先はmalmori●nifty.com。

カレンダー

08 | 2006/09 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター


無料カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。