とれいん工房の鉄道省私文書館

鉄道関係の情報を中心としたブログ。主に未成線や廃線、鉄道史、宮脇俊三、関西の鉄道、ローカル線など鉄道趣味の外縁部を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宮脇俊三書評40作 (11)「失われた鉄道を求めて」

失われた鉄道を求めて 失われた鉄道を求めて
宮脇 俊三 (1989/09)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


失われた鉄道を求めて 失われた鉄道を求めて
宮脇 俊三 (1992/09)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
    

 30年前、40年前の時刻表を読んでいると、無念の想いがこみ上げてくるのは私だけではないはずだ。
 夕張鉄道やら歌登町営軌道やら定山渓鉄道やら耶馬渓鉄道やら田口鉄道やら淡路交通だやら井笠鉄道やら北恵那鉄道やら羽後交通やら……書いているだけでも口惜しさがこみ上げてくるけれども、とにかく時刻表末尾の社線ページにはキラ星のごとく超弩級のローカル私鉄が点在していた。国鉄本文のページも同様。宇品線やら札沼線やら篠山線やら鍛冶屋原線やら大島航路やら。リアルタイムでは体験することができなかった路線が資料を見ずにスラスラ出てくるのは色々とこだわりがあるからなんだろう。特に80年代の国鉄再建法の絡みで消えていった特定地方交通線。家族や学校に拝み倒して中学一年生の時から一人旅に出かける機会を得たこともあり、その6割方は乗車することができた。2割ほどの第3セクター化された路線も後に訪問することができた。けど、残りの2割。白糠線、士幌線、羽幌線、岩内線、日中線、赤谷線、倉吉線、添田線、宮原線、妻線……消えていった宝物は二度と還ってこない。目の前で見送ってのだから始末が悪い。あと5年、いや2年でも早く生まれていたならば……との想いが去来してやまないが、もはや後の祭り。あまりにも口惜しかったから、こうした路線の命日は今でも頭にこびりついている。こうした鉄道関係の文章を紡いでいるのも、元を辿れば、あのときの怨念を引きずっているからなのである。
[宮脇俊三書評40作 (11)「失われた鉄道を求めて」]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/09/20(水) 02:06:36|
  2. 宮脇俊三の話

プロフィール

もりくち

Author:もりくち
関西在住の鉄道マニア兼バックパッカー。「とれいん工房」として同人誌を多数発行。2001年に「鉄道未成線を歩く 私鉄編」、2002年に「鉄道未成線を歩く 国鉄編」をJTB出版事業局(現、JTBパブリッシング)から刊行しています。日々の話は、下のリンク先にある「とれいん工房の汽車旅12ヵ月」へ。連絡先はmalmori●nifty.com。

カレンダー

08 | 2006/09 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター


無料カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。