とれいん工房の鉄道省私文書館

鉄道関係の情報を中心としたブログ。主に未成線や廃線、鉄道史、宮脇俊三、関西の鉄道、ローカル線など鉄道趣味の外縁部を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

単軌条運搬器具、モノライダーの40年史

 90年代から現在にかけて、「鉄道でない鉄道」の中心となっているのは、モノレール・ケーブルカータイプの運搬器具である。農林産業関係者の間で「単軌条運搬機」と呼ばれる機械がその原型である。
 始まりは愛媛県の農機メーカー米山工業が1966年に発表したレール式荷物運搬機「モノラック」。マニアの間で「ミカンモノレール」と呼ばれる農業用モノレールで、エンジンを搭載した運搬具をH型鋼材のレール上に乗せて走行させる。運搬具には駆動輪のピニオンピン(歯車)を付け、レールの側面や下側にはラック(波状の板)を貼り付け、この2つを噛み合わせることで急斜面の登坂を可能にした。自動車輸送が難しい山間地でのミカンなど果実輸送、そして農家の重労働の緩和に大きな威力を発揮する。
 この後、他社の参入も相次ぎ、「単軌条運搬機」のマーケットは広がる。


20070124040731.jpg

<高知県四万十川沿いで見かけたチグサ製「ちぐさ索道」の単軌条運搬機。対岸にある田畑や家屋への資材運搬用のものと推測される> [単軌条運搬器具、モノライダーの40年史]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/01/10(水) 06:28:16|
  2. 【同人】遊覧鉄道に乗ってみたい!

プロフィール

もりくち

Author:もりくち
関西在住の鉄道マニア兼バックパッカー。「とれいん工房」として同人誌を多数発行。2001年に「鉄道未成線を歩く 私鉄編」、2002年に「鉄道未成線を歩く 国鉄編」をJTB出版事業局(現、JTBパブリッシング)から刊行しています。日々の話は、下のリンク先にある「とれいん工房の汽車旅12ヵ月」へ。連絡先はmalmori●nifty.com。

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター


無料カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。